ランサー(エボリューションV、VI、VII)のO2センサーについて


リコール届出番号 858 リコール届出日 平成14年8月20日 リコール開始日 平成14年8月21日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
排出ガス発散防止装置において、ヒータ付きO 2 センサーの素子カバーの通気孔の仕様が不適切なため、冷間時始動直後の排出ガス中に含まれる水分が O 2 センサーの素子部に付着するものがあり、ヒータで加熱された素子が急激に冷却・収縮することで破損して機能不良となり、排出ガス値が基準値を 超えるおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、当該O 2 センサーを対策品に交換します。

車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール対象車
の台数
備考
三菱 GF-CP9A ランサー CP9A-0000011〜CP9A-0008007
平成10年1月7日〜平成10年7月17日
7,617  
CP9A-0100007〜CP9A-0108391
平成10年12月21日〜平成11年4月7日
7,981
CP9A-0200002〜CP9A-0203416
平成11年12月8日〜平成12年8月26日
2,924
GH-CT9A CT9A-0000201〜CT9A-0010580
平成13年1月22日〜平成13年8月21日
9,991
CT9A-0100201〜CT9A-0104144
平成14年1月24日〜平成14年4月3日
3,487
  (計2型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成10年1月7日〜平成14年4月3日
計32,000台  
注意   1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれています。
2. 対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。

 

改善箇所説明図





(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.