ランサー(エボリューションVIII)のシフトコントロールについて


リコール届出番号 965 リコール届出日 平成15年7月22日 リコール開始日 平成15年7月23日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
手動変速機付車の動力伝達装置において、シフトコントロール部のセレクタコントロールロッドとセレクタを固定するピンの圧入深さが不足しているものがあり、 そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該ピンが抜け出し、シフト操作ができなくなるおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、当該ピンの圧入深さを点検し、圧入深さが不足しているものはシフトコントロール一式を対策品と交換します。

車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール対象車
の台数
備考
三菱 GH-CT9A ランサー CT9A-0200201〜CT9A-0206345
平成15年1月28日〜平成15年5月15日
4,622 6速変速機付車のみ
  (計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成15年1月28日〜平成15年5月15日
(計4,622台)  
注意   1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれています。
    (ランサーエボリューションVIII RSの5速マニュアルトランスミッション仕様は対象ではありません)
2. 対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。

 

改善箇所説明図





(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.