ランサーエボリューションXのツインクラッチSSTについて


リコール届出番号 2135 リコール届出日 平成20年6月20日 リコール開始日 平成20年6月21日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
ツインクラッチ式自動変速機において、シフトレバーをRレンジ(後退位置)に操作した場合に、後退用ギヤが噛み合わないときがあります。この状態において、シフト位置表示がR(後退位置)と表示されるため、運転者はこの状態を認識できず、前下がりの坂道において車両が前進するおそれや、アクセルペダルを踏み続けている間に後退用ギヤが自動的に噛み合うと、急に後退するおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、電子制御ユニットのプログラムを変更し、後退用ギヤが噛み合っていないときは、シフト位置表示を点灯から点滅に、また、後退位置警告ブザーの間隔を通常より短い間隔に変えることによって、運転者に警報を発するようにします。また、後退用ギヤが噛み合わない場合があることについて、使用者に取扱い上の注意喚起をするとともに、取扱説明書を変更し、周知を図ります。

車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数
備考
三菱 CBA-CZ4A ランサー
エボリューション
CZ4A-0001165~CZ4A-0006453
平成19年12月14日~平成20年5月27日
3,045台 ツインクラッチ式
自動変速機搭載車
  (計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成19年12月14日~平成20年5月27日
(計3,045台)  
注意  1.  対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれています。 お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。

 

改善箇所説明図





(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.