コルト、コルトプラスのリヤサスペンションについて


リコール届出番号 2836 リコール届出日 平成23年10月18日 リコール開始日 平成23年10月18日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
リヤサスペンションにおいて、車体側面下部へ塗布する飛び石傷防止剤(ロッカープライマー)の塗布範囲管理が不適切なため、 車体床下のトーションアクスル取付け面にロッカープライマーが付着し、トーションアクスル締結用ボルトの締付け力が不足しているものがあります。 そのため、悪路走行時に当該ボルトが緩み、最悪の場合、ボルトが外れ走行安定性が低下するおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、車体床下のトーションアクスル取付け面を点検し、ロッカープライマーの付着が認められる場合は、 ロッカープライマーを除去し、トーションアクスル締結用ボルトを規定トルクで締め付けます。
なお、トーションアクスル締結用ボルトを点検し、損傷が認められる場合は、当該ボルトを新品と交換の上、規定トルクで締め付けます。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数
備考

DBA-Z21A コルト Z21A-0707353 ~ Z21A-0800601
平成23年6月3日 ~ 平成23年8月24日
832  
DBA-Z21W Z21W-0702930 ~ Z21W-0800287
平成23年6月3日 ~ 平成23年8月24日
308
DBA-Z23W Z23W-0701039 ~ Z23W-0800157
平成23年6月3日 ~ 平成23年8月23日
146
CBA-Z27AG Z27A-0700894 ~ Z27A-0800183
平成23年6月3日 ~ 平成23年8月24日
182
  (計4型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成23年6月3日 ~ 平成23年8月24日
(計1,468台)  

注意  1.  お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.