i-MiEV、MINICAB-MiEVのブレーキについて


リコール届出番号 3082 リコール届出日 平成25年1月24日 リコール開始日 平成25年1月24日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
ブレーキ倍力装置に負圧を供給するブレーキ負圧電動ポンプにおいて、内部のロータの加工が不適切なため、 先端が鋭利な形状となっているものがあります。 そのため、そのまま使用を続けると、ロータの先端が欠け、負圧ポンプが作動せず、制動距離が長くなるおそれがあります。
ブレーキ倍力装置に負圧を供給するブレーキ負圧電動ポンプにおいて、内部のベーンの検査が不適切なため、 加工工程で発生した亀裂があるものを組み付けたものがあります。 そのため、そのまま使用を続けると、ベーンが破損し、負圧ポンプが作動せず、制動距離が長くなるおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、当該ブレーキ負圧電動ポンプ一式を対策品に交換します。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数


ZAA-HA3W i-MiEV HA3W-0200202 ~ HA3W-0301060
平成23年7月28日 ~ 平成23年10月20日
1,237
HA3W-0301441 ~ HA3W-0305114
平成23年11月30日 ~ 平成24年6月29日
2,155
ZAB-U67V MINICAB
-MiEV
U67V-0000675 ~ U67V-0100393
平成23年11月24日 ~ 平成24年10月26日
2,416
  (計2型式) (計2車種) (制作期間の全体の範囲)
平成23年7月28日 ~ 平成24年10月26日
(計5,808台)  
注意  1.  お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。
3.  不具合が発生した場合はメーター内の警告灯が点灯し、警報ブザーが鳴り続けます。
ご入庫までの間に上記のような状況が発生した場合、急ブレーキや高速走行を避け、ただちに車を安全な場所に止めて、 最寄りの三菱自動車販売会社にご連絡をお願いします。
また、上記のような状況で車を止める際はブレーキを繰り返し踏み込むことはせず、 ブレーキの効きが悪い場合はブレーキペダルを通常より強く踏み続けてください。
4.  対象車両には、光岡自動車様販売車両「雷駆」のベース車両が含まれます。 「雷駆」をご愛用頂いているお客様におかれましては、光岡自動車様にお問い合わせ頂きますようお願い致します。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.