デリカD:5のトランスファ、エンジンについて


リコール届出番号 3367 リコール届出日 平成26年6月19日 リコール開始日 平成26年6月19日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
①  トランスファのオイルシール取付穴加工が不適切なため、オイルシールが抜けるものがあります。 そのため、オートマチックトランスミッションフルード(ATF)がトランスファへ流出し、ATF油圧が低下し、 変速不良とともにエンジン警告灯、警告表示が点灯し、最悪の場合、走行不能に至るおそれがあります。
エンジンECUの制御プログラムが不適切なため、 燃料ポンプの圧力調整弁が固着したと誤判定することがあります。 その場合、エンジン警告灯が点灯して出力が制限されるとともに、排出ガスが基準値を超過するおそれがあります。
改善措置の内容
①  全車両、トランスファを点検し、該当するものはトランスファを良品と交換します。
全車両、エンジンECUのプログラムを対策品に書き替えます。 また、燃料ポンプ吐出量の学習値をリセットします。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数


LDA-CV1W デリカ CV1W-0900101 ~ CV1W-0912619
平成24年12月18日 ~ 平成26年5月21日
12,514
①  4,983台
12,514台
  (計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成24年12月18日 ~ 平成26年5月21日
(計 12,514台)  
注意  1.  お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。
3.  対象車でも、全ての項目に該当するとは限りません。 詳しくは最寄りの販売会社、またはお客様相談センターにお問合せ下さい。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.