アウトランダー、アウトランダーPHEVのボデーについて


リコール届出番号 3918 リコール届出日 平成28年11月4日 リコール開始日 平成28年11月4日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
リヤフロアーパネルにおいて、溶接ロボットの溶接ガンの軌道の設定が不適切なため、 溶接ガンがリヤフロアーパネルの左後部と干渉し、リヤフロアーパネルの位置がずれた状態で溶接されたものがあります。 そのため、車体左後部の強度が不足し、後面衝突時に燃料系部品が破損して燃料が漏れるおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、リヤフロアーパネルの左後部を点検し、 リヤフロアーパネルの位置がずれた状態で溶接されているものは、リヤフロアーパネルを正規の位置に戻し、 再度溶接を実施します。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数
備考

DBA-GF7W アウトランダー GF7W-0301616 ~ GF7W-0301646
平成28年7月18日 ~ 平成28年7月21日
16  
DBA-GF8W GF8W-0302920 ~ GF8W-0302972
平成28年7月18日 ~ 平成28年7月21日
30
DLA-GG2W アウトランダー
PHEV
GG2W-0312056 ~ GG2W-0312168
平成28年7月19日 ~ 平成28年7月21日
11
  (計3型式) (計2車種) (製作期間の全体の範囲)
平成28年7月18日 ~ 平成28年7月21日
(計 57台)  

注意  1.  お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.