i-MiEVの駆動用バッテリーシステムについて


リコール届出番号 4003 リコール届出日 平成29年3月2日 リコール開始日 平成29年3月2日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
駆動用バッテリーにおいて、バッテリーの電圧や温度を測定するセルモニターユニットの制御プログラムが不適切なため、 上り坂での発進時にバッテリー電圧が一時的に変動した状態で車両が後方へ下がると駆動力が発生しないことがあります。 そのため、発進ができず、坂道を下がるおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、セルモニターユニットの制御プログラムを対策仕様に書き替えます。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数
備考

ZAA-HA3W i-MiEV HA3W-0000201 ~ HA3W-0003900
平成21年7月4日 ~ 平成22年9月27日
3,373  
  (計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成21年7月4日 ~ 平成22年9月27日
(計 3,373台)  

注意  1.  お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。
3.  本届出は、平成24年8月23日に開始したサービスキャンペーンにおいて、 セルモニターユニットの制御プログラムを書き替える対策を行ないましたが、平成22年型の対策内容が不適切であることが判明したため、 実施するものです。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.