デリカD:3、デリカバンにおけるエンジンルーム内の電気装置について(再リコール)


リコール届出番号 4517 リコール届出日 令和元年6月27日 リコール開始日 令和元年6月28日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
電源分配器の基板において、製造設備の管理が不適切なため、 不要な半田が付着した状態で防湿材がコーティングされたものがあり、 使用過程においてコーティングに亀裂が発生することがあります。 そのため、高湿環境下において電極間の微細な導通が発生して電極成分が移動し、短絡回路が形成されると、 短絡電流の発熱によって、最悪の場合、車両火災に至るおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、当該電源分配器を確認し、対象部番の部品は対策品と交換します。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数


DBF-BVM20 デリカバン VM20-700005 ~ VM20-709821
平成23年9月26日 ~ 平成30年8月4日
2,398  
DBA-BM20 デリカD:3 M20-700001 ~ M20-708658
平成23年9月26日 ~ 平成30年8月6日
1,739
  (計2型式) (計2車種) (製作期間の全体の範囲)
平成20年11月6日 ~ 平成30年9月3日
(計4,137台)  
※ 国土交通省への届出は、製造元である日産自動車より行いました。
備考  本件は、平成29年12月14日付け届出番号「4164」にてリコール届出を行なったものですが、 対策内容が不十分であったことが判明したため、対象範囲を見直して届出を行うものです。
1.  お客様のお車が対象となるかどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車両の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.