デリカ(M/T車)のダイナミックダンパーについて


改善対策届出番号 164 改善対策届出日 平成12年8月22日 改善対策開始日 平成12年8月23日

不具合の部位(部品名) 動力伝達装置
不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 後軸差動装置の振動を低減するために装着されているダイナミックダンパーにおいて、ウエイト支持ゴムの強度が不足しているため、そのままの状態で 使用を続けると、最悪の場合、支持ゴムが破損し、ウエイトが脱落するおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、当該ダイナミックダンパーを対策品に交換します。

車名 型式 通称名 改善対策対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
改善対策
対象車の
台数
備考
三菱 KD-PA5W デリカ PA5W-0000011~PA5W-0005626
平成6年4月25日~平成7年9月8日
469 手動変速機付車
KD-PB5W PB5W-0000201~PB5W-0000666
平成6年5月24日~平成7年9月6日
27
KD-PC5W PC5W-0000004~PC5W-0400294
平成6年5月21日~平成10年11月30日
1,137
KD-PD8W PD8W-0000012~PD8W-0302919
平成6年4月25日~平成10年5月29日
3,689
KD-PE8W PE8W-0000013~PE8W-0306327
平成6年4月18日~平成10年5月29日
3,247
KD-PF8W PF8W-0000019~PF8W-0005591
平成6年4月20日~平成7年9月1日
320
  (計6型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成6年4月18日~平成10年11月30日
(計8,889台)  
<注意> 1.本届出は、不具合に対する改善措置の内容が不十分であった為、改善措置の内容を見直し、平成16年1月13日「届出1021」のリコール として再度届出を行い対策を実施しております。
2.対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれています。
3.対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。

 





(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.