eKシリーズ、トッポBJの4A/T(パーキングロック機構)について


改善対策届出番号 350 改善対策届出日 平成19年2月8日 改善対策開始日 平成19年2月9日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
自動変速機のパーキング機構(自動変速機のアウトプットシャフトを機械的に固定する機構)の作動レバーの加工が不適切なため、パーキング位置へ操作した際、レバーがバルブボデーと干渉し、パーキングポールとパーキングギヤの噛み合いが不十分なものがあります。そのため、坂道等に駐車し、駐車ブレーキを掛け忘れた場合、ギヤに大きな力がかかり、最悪の場合、車両が動き出すおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、当該パーキング機構を点検し、対象となるものはバルブボデーを対策品と交換します。

車名 型式 通称名 改善対策対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
改善対策対象車
の台数
備考
三菱 CBA-H81W eK-WAGON
eK-SPORT
eK-ACTIVE
H81W-1402464~H81W-1410941
平成18年1月19日~平成18年6月24日
1,428台 4A/T車
のみ
DBA-H81W H81W-1505721~H81W-1515810
平成18年1月19日~平成18年3月10日
899台
LA-H81W eK-WAGON
eK-SPORT
eK-CLASSY
対象となる自動変速機が補用品として出荷され、
平成18年2月16日~平成18年7月11日
までの間に載せ換えられたもの
12台
UA-H81W 35台
GF-H42A トッポBJ 4台
  (計5型式) (計5車種) (製作期間の全体の範囲)
平成18年1月19日~平成18年6月24日
(計2,378台)  
注意  1.  本件は、平成18年9月22日「届出番号327」で「i(アイ)」について改善対策届出を行ったものと同型の自動変速機を搭載した車種について届出するものです。
2.  対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれています。 お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
3.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。

 

改善箇所説明図





(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.