eKクロスのエンジンルーム内ハーネスについて


リコール届出番号 4598 リコール届出日 令和元年10月31日 リコール開始日 令和元年11月1日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
過給機(ターボ)付き車のエンジンコントロールハーネスにおいて、配索が不適切なため、 走行時の振動で当該ハーネスがインタークーラーのケースと接触することがあります。 そのため、当該ハーネス内の電線の被覆が削られて短絡(ショート)し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、エンジンコントロールハーネスとエンジンブローバイホースを共締めします。 なお、ハーネスを確認し損傷している場合は、補修または新品と交換します。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数


4AA-B35W eK

B35W-0000202 ~ B35W-0004265
平成31年3月13日 ~ 令和元年7月22日

2,041

過給機付
エンジン車

4AA-B38W

B38W-0000204 ~ B38W-0002101
平成31年3月13日 ~ 令和元年7月19日

1,108
  (計2型式) (計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成31年3月13日 ~ 令和元年7月22日

(計 3,149台)  
1.  お客様のお車が対象となるかどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車両の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.