デリカD:5のエンジン制御および燃料噴射装置について


リコール届出番号 4635 リコール届出日 令和2年2月13日 リコール開始日 準備出来次第

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
エンジンECUにおいて、燃料タンク内の燃料ポンプの制御プログラムが不適切なため、燃料残量が少ない場合に、 燃料ポンプが空気を吸い込むことがあります。 そのため、燃料がエンジンに供給される過程で空気が圧縮され高温になることで炭化物が生成され、フューエルインジェクター内部に堆積し、 当該インジェクターが作動不良となり、最悪の場合、エンストに至るおそれがあります。
改善措置の内容

全車両、

(1)  エンジンECUの制御プログラムを対策仕様に書き替えます。
(2) 車台番号を確認し、フューエルインジェクターが対策前の車両はフューエルインジェクターを対策品と交換します。
(3) 車台番号を確認し、取扱説明書、メンテナンスノートで、 フューエルインジェクタークリーナーの定期注入指示がある車両は、その指示を廃止します。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数


LDA-CV1W デリカ CV1W-0900101 ~ CV1W-1308081
平成24年12月18日 ~ 平成31年1月7日
58,297  
  (計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成24年12月18日 ~ 平成31年1月7日
(計 58,297台)  
1.  お客様のお車が対象となるかどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車両の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.