デリカD:5、エクリプス クロスのエンジンについて


リコール届出番号 5142 リコール届出日 令和4年5月12日 リコール開始日 令和4年5月13日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
エンジンECUにおいて、制御プログラムが不適切なため、EGR (排気ガス再循環装置) 経路内にデポジットが多く堆積することがあります。そのため、堆積したデポジットにより、EGR経路内の排気ガスの流量が低下し、エンジン警告灯が点灯してアイドリングストップ機能が停止するおそれがあります。または、堆積し硬質化したデポジットが剥がれ落ち、吸気バルブに噛み込むことにより、エンストし再始動できなくなるおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、エンジンECUの制御プログラムを対策仕様に書き替えます。また、EGRクーラーなどのEGR関連部品を新品と交換し、関連個所を清掃します。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数


3DA-CV1W デリカ CV1W-2100201 ~ CV1W-2211601
平成31年2月8日 ~ 令和2年11月20日
27,349  
3DA-GK9W エクリプス クロス GK9W-0100101 ~ GK9W-0200919
令和元年5月27日 ~ 令和2年10月26日
2,788
  (計2型式) (計2車種) (製作期間の全体の範囲)
平成31年2月8日 ~ 令和2年11月20日
(計 30,137台)  
1.  お客様のお車が対象となるかどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車両の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。
3.  リコール対象車の車台番号の範囲には、 対象とならない車両も含まれている場合があります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.