トライトンのライトスイッチについて


リコール届出番号 外-2301 リコール届出日 平成28年2月18日 リコール開始日 平成28年2月18日

基準不適合状態にあると
認める構造、装置又は
性能の状況及びその原因
ターン/ライトスイッチにおいて、取付剛性不足のため、スイッチ操作によりコネクターの端子が摩耗し、 その摩耗屑が酸化して絶縁物が生成されるものがあります。 そのため、そのまま使用を続けると、絶縁物が端子の間にかみ込み、導通不良となり、前照灯、車幅灯、前部霧灯、尾灯、 番号灯および当該スイッチ連動の車室内照明が不灯、あるいは点滅、または、 方向指示器が不灯となるおそれがあります。
改善措置の内容 全車両、コネクター端子部(二箇所)にグリースを塗布します。
注意  1.  お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
リコール
対象車
の台数
備考

ABF-KB9T トライトン KB9T-0000101 ~ KB9T-0001500
平成18年8月30日 ~ 平成22年4月28日
1,400  
  (計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成18年8月30日 ~ 平成22年4月28日
(計 1,400台)  




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.