デリカ(商用車)の注意喚起(シートベルト)について


サービスキャンペーン開始日 平成22年8月27日

不具合の内容 助手席シート座面(エンジンカバーと共用)下のエンジンルームを点検整備した後、 前席中央席用シートベルトバックルを誤ってエンジンルームに挟み込ませた状態でエンジンカバーを閉めた場合、 当該シートベルトバックルが燃料ホースと干渉することがあります。 そのため、そのまま使用すると、燃料ホースが損傷、または抜けて燃料が漏れ、火災に至るおそれがあります。
改善の内容 全車両、シートベルトバックルの動きを規制するためのスペーサを取付けます。

車名 型式 通称名 サービスキャンペーン対象車の
車台番号(シリアル番号)の範囲
及び製作期間
サービス
キャンペーン
対象車の台数
備考
三菱 KR-SKF2MM デリカ SKF2MM-100003 ~ SKF2MM-100670
平成15年12月19日 ~ 平成19年7月14日
305 前席3人乗り
車両のみ
KQ-SKF2VM SKF2VM-100002 ~ SKF2VM-101195
平成15年12月8日 ~ 平成19年7月14日
509
KR-SKF6VM SKF6VM-100002 ~ SKF6VM-100543
平成16年2月17日 ~ 平成19年7月14日
223
      (製作期間の全体の範囲)
平成15年12月8日 ~ 平成19年7月14日
(計1,037台)  
※ 国土交通省への届出は、製造元であるマツダ株式会社より行いました。

備考 本通知は、平成20年12月24日付けで、サービスキャンペーン通知を行ったものですが、 一部の対象車に対し、再度サービスキャンペーンを行うものです。
 
注意  1.  対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれています。 お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.