アウトランダーPHEVのプラグインハイブリッドEVシステム(PHEV-ECU)について


サービスキャンペーン開始日 平成25年4月23日

不具合の内容 PHEV ECUのプログラムが不適切なため、以下の事象が発生するおそれがあります。
①  PHEVシステムを制御するコントロールユニット(PHEV ECU)において、 4WD制御プログラムのハンドル角センサ故障判定条件が不適切なため、特定条件下での旋回走行を継続すると、 ハンドル角センサ故障と誤判定する場合があり、フェールセーフが働き、 4WD前後駆動力配分比の固定やブレーキによる旋回補助制御(AYC)機能が停止するおそれがあります。
②  FCM*1またはHSA*2作動時に、ブレーキペダルを軽く踏む操作を繰り返した場合、 ブレーキストロークセンサの故障と誤判定し、警告灯が点灯、ブレーキ回生機能を停止します。
③  補機用12Vバッテリが過放電し、PHEV ECUの電源電圧が低下した状態で車両を起動させた場合、 イモビライザー(盗難防止装置)の認証ができず、車両が起動できなくなります。
④  停車発電中に、電気ヒータスイッチをオンからオフへと切り替えた場合、 電気ヒータが停止しているにも関わらず、電気ヒータを使い続けているものと誤判定し、出力が制限されます。
*1  衝突被害軽減ブレーキ
*2  ヒルスタートアシスト
改善の内容 全車両、PHEV ECUのプログラムを対策品に書き換えます。


型式 通称名 サービスキャンペーン対象車の
車台番号の範囲及び製作期間
サービス
キャンペーン
対象車の台数
備考

DLA-GG2W アウトランダー
PHEV
GG2W-0000101 ~ GG2W-0003956
平成25年1月17日 ~ 平成25年3月13日
約3,800
約3,800台
②、③、④
2台
  (製作期間の全体の範囲)
平成25年1月17日 ~ 平成25年3月13日
(計 約3,800台)  

注意  1.  お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.  対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.