ランサーカーゴのCVTコントロールユニットについて


サービスキャンペーン開始日 平成26年9月5日

不具合の内容 LレンジからDレンジへのセレクト操作時、シフトセレクト位置判定はDレンジであるにもかかわらず、 マニュアルバルブが瞬間的にNレンジ位置となり、CVT(自動無段変速機)のクラッチ油圧が一旦低下することがあります。 その後、マニュアルバルブがDレンジ位置となり、油圧が復帰しクラッチが締結する際、異音や振動が発生するとともに、 CVTのベルトが滑るおそれがあります。 そのままの状態で使用を継続すると、ベルト滑りが進行して、フェールセーフモードによるトルク制限により、 発進、加速がもたつくおそれがあります。
改善の内容 全車両、当該CVTコントロールユニットを対策プログラムに書き換えます。 また、当該CVTコントロールユニットの故障履歴を確認し、ベルト滑りの痕跡がある場合は、CVT一式を新品と交換します。


型式 通称名 サービスキャンペーン対象車の
車台番号の範囲及び製作期間
サービス
キャンペーン
対象車の台数
備考

DBF-CVY12 ランサー
カーゴ
VY12-615501 ~ VY12-616311
平成25年4月26日 ~ 平成26年4月16日
約700  
  (製作期間の全体の範囲)
平成25年4月26日 ~ 平成26年4月16日
(計 約700台)  
※ 国土交通省への通知は、製造元である日産自動車株式会社より行いました。
注意  1.   お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.   対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.