デリカD:5(ディーゼルエンジン)の排気ガス制御装置について


サービスキャンペーン開始日 令和2年4月上旬

不具合の内容 排気ガス浄化装置のコントロールユニットにおいて、制御プログラムが不適切なため、 排気ガス温度が低い時に排気ガス浄化の尿素水が過剰に噴射され触媒にアンモニアが過度に吸着されることがあります。 そのため、アンモニアが排気ガス中に流出して窒素酸化物と誤認識され、AdBlueシステム異常警告が表示される、または、 エンジン警告灯が点灯してアイドリングストップ機能が作動しなくなるおそれがあります。
改善の内容 全車両、排気ガス浄化装置の制御プログラムを対策仕様に書き替えます。


型式 通称名 サービスキャンペーン対象車の
車台番号の範囲及び製作期間
サービス
キャンペーン
対象車の台数
備考

3DA-CV1W デリカ CV1W-2100201 ~ CV1W-2115909
平成31年2月8日 ~ 令和元年10月24日
約15,700  
  (計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成31年2月8日 ~ 令和元年10月24日
(計 約15,700台)  

注意  1.   お客様のお車が対象となる車両かどうかにつきましては、 当サイトのリコール等対象車両検索 でご確認ください。
2.   対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。




(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.